いつでも衛生的?ウォーターサーバーの仕組みとは?

ガロンボトルタイプのウォーターサーバーは注意したい

お店の待ち時間などに自由に飲めるタイプのウォーターサーバーを設置している店舗があります。自宅にも導入したら冷水と熱水が利用出来て良いと考えますが、ガロンボトルタイプは衛生面が心配です。水を出すとボトル内に空気が入るので、何日も同じボトルから水を供給されていると不安になるものです。
セットされたボトルは、接続口からウォーターサーバー内部を通って水が供給されます。供給された水と同量の空気がエアフィルターを通してボトル内に入るわけです。エアフィルターには空気清浄機で使用されているものと同様の高性能フィルターを採用しているケースが多いですが、無菌状態にまで滅菌出来るわけではありません。だからこそボトルの交換頻度が少ない家庭では心配となるのも無理はありません。

ノンエアタイプがやはり安心出来ます

エアフィルターを通してもボトル内に滅菌されていない空気が入ることはあまり良い気分ではありません。この点を改善した方法が、ノンエアタイプのウォーターパックです。水を供給しても内部に空気が入らずパックが圧力により萎んで使い切ったら外して捨てられます。
ウォーターパックを接続する口の部分の殺菌に注意すれば、常に衛生的な水を供給出来ることから小さな子どもがいる家庭では特に重宝されています。水の使用量が少なくても衛生面を最優先に考えているので、常に安心出来るでしょう。ガロンボトルよりはウォーターパックは小さめなことが多いので、交換回数はやや増えるでしょうが、衛生的な環境を維持するためと考えれば寧ろ歓迎されます。ウォーターサーバーは、定期メンテナンスと共にノンエアタイプの安全性が求められています。

宅配水は多くの業者でお試し利用が可能ですので、複数の商品を試してから本格利用してみるのも1つの方法です。